スポンサードリンク xxxxx

車税金について

 (自動車)には、いろんな税金が掛かることをちゃんと把握していますか。
 やっと念願の車を大金をはたいて購入したからって安心できません。なぜなら車は、「走る税金」だからです。
 たとえ大衆車でも、車はやはり贅沢なものと言う考えから来ているのかもしれません。
 また、日本の車の税金は、戦後、急激に増加した車のための道路の需要を満たすためだと言われています。外国と比べても車の税負担は極めて重いものです。


 それでは、車の税金にはどんなものがあるんでしょう。

■車を購入する時に課税される税金
・自動車取得税:車を取得に対して課税される税金です。自家用車は取得価格の5%です。
・消費税:車の購入価格の5%です。

■車を維持するために課税される税金
・自動車重量税:車(新車、中古車)を購入し新規登録をするときや、車検を受けるときに課税される税金です。名前の通り、車の重さ応じて税額が決定しています。平成17年より廃車に対しては、申請により残存期間に相当する金額が還付されるようになりました。
・自動車税:車を保有していると毎年課税される税金です。新車購入時は月割りで請求され、廃車時は払い戻しが受けられます。
・軽自動車税:車(軽自動車)を保有していると毎年課税される税金です。新車購入時は月割りで請求され、廃車時は還付されます。
・燃料税:車を走らすのに必要な燃料(ガソリン・軽油・LPG)にも、消費税以外に別途税金が掛かっています。なんと、燃料代の半分近くが税金です。
・消費税:燃料購入価格の5%です。